「金銭感覚」=「その人の価値観」高い安いはみんなバラバラ

お金の使い方にはその人の価値観が現れます。
つまり金銭感覚ってその人の価値観や生き方でもあるのです。
これは他人がどうこう言えることではありません。
お金を貸せう具の樋使うこと
お金を借り知古と溶かすこと
お金を節約するのと浪費すること
あるいは
貯金をするのとおろすこと
真逆であるからこそこのバランスがとても大事です。

しかし、世の中にはこのバランスがうまくとれていない人が多いのも事実です。
もったいない、もったいない、そんな節約ばかりして人生の楽しみを損している人がいたり
後先のことなど考えずに無駄遣いや浪費ばかり繰り返し後で大変な苦労をする人
どちらもあまりお勧めできません。

しかしこれが難しいのは金銭感覚=その人の価値観でもあるからです。

例えば野菜のキャベツがあるスーパーでは1玉200円
しかしすぐ近くの他のスーパーでは150円
それがわかっていてもひとつのすーぱーで 高いキャベツを買うことが果たして無駄遣いなのか?
そうともいえなくぃのですね。
わざわざ安いキャベツを買うために別のスーパーまで足を運ぶ
いくらかのお金を節約するよりも楽をして時間も労力も節約するほうがその人にとっては有意義と考えることもあるからです。

節約することはとても良いことなのですが決してそれが「ケチ」であってはなりません。
浪費と「思えることでも、他の人から見れば「人生を楽しんでいる」「気前がいい」と見えることもあります。
お金に対する価値観はそのひとの価値観そのものですから、どちらふぁただしとは誰にも決められません。
ただちゃんと
「これ以上はやりすぎだよ」
というボーダーラインが惹かれていればドットでもかまわないkのです。

イソップ童話のアリとキリギリスではアリさんが最終的にはたたえられ手いますが果たしてアリさんの人生は幸せなのでしょうか?
意外と命が短くなってもキリギリスのほうが楽し人生だったといえるかもしれません。
そんな意味でもお金の使い方って難しいんですよね。
おじいちゃん おばあちゃん プレゼント 実用的

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です