認知症・寝たきりでも月に数万円受けられる助成手当もあるから調べてみよう

身体または精神医重度の障害がある場合、在宅での生活に常に特別な介護が必要な毛ー^巣では「特別障害者手当」として月に2万6000円」が市う給される制度があります。
※所得制限あり
とかく在宅介護においては介護サービスの利用料だけではなく、おむつなどのもろもろの経費もかかります。
その負担軽減医薬d津制度です。
寝たきりなどの重度の要介護状態でもしきゅ対象と認められることもあります。
その場合は医師の診断書などを市町村の窓口に提出し、審査に通過すれば受け取れます。
ただし3か月以上の長期入院者や介護施設などの入所者には支給されませんのでご注意ください。
ただ認知症の方向けのグループホームなど施設の種類によっては対象となることもあります。

精神障害者福祉手帳
認知症と診断されて、一人で生活するのが困難な状態だと認定されれば「精神障害者福祉手帳」が公布されます。
この「精神障害者福祉手帳」の交付を受けると医療費が原則無料となります。
ですので一度かかりつけの主治医にも相談してみてください。
高齢者の介護では薬代など意外に高くつくものも多いので、家計の助けにもなるでしょう。
その他にも介護タクシー代などの割引や各種税金の控除も受けることができます。

精神障害者福祉手帳には障害の程度や所得の基準があるので、詳しくは市町村の窓口に相談してみることをおすすめします。
都道府県も指定を受けた医師の診断書などを添付して窓口に申請する必要がありあmす。

①身体障碍者手帳の交付を受ける時に必要なもの
・指定医療機関の診断書
・写真
・印鑑

身体障害者手帳交付で受けられるサービス
・福祉手当
・医療費の助成
・所得税、住民税、相続税の控除
・自動車税、自動車取得税の減免
・新マル優制度の利用(預貯金の利子の非課税扱い)
・有料道路通行料の割引
・補装具の給付(’杖や舗装靴など)
・美術館なぢお公共文化施設の入場料割引

「精神障害者福祉手帳」「身体障害者手帳」の交付を受けるとこんなにさまざまな特典を受け取れまsづ。
世間体を気にして頑固なお父さんやお母さんならその交付を拒んでしまう方もいますが、こんなに大きな恩恵をますます見逃す手はありません。
実務者研修 働きながら どこがいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です