家の中で車椅子の通り道をきちんと確保してますか?

車椅子でも快適に暮らすのにはきちんと車椅子が通れる道を確保数rことが大切です。
でもそれって車椅子の方じゃないと気が付かないことも多いですし、家族への後ろめたさからなかなか言い出せないものです。
ですから、そのあたりは同居する家族のほうがら率先して改善してあげましょう。

①車椅子の移動がスムーズにできるだけ床にモノを置かない
②家の中で使う車椅子は小回りの利く車椅子にする
③レンタル手すりなら車椅子になってからでも簡単い移動や取り外しができる

車椅子のサイズによって確保するスペースも変わってきますが、それでも圧程度mの被rp差を確保する必要があります。
それにはまず
できるだけ物は床の上には置かない
ように心がけなければなりません。
床にモノが置いてあれば車椅子の進行に妨げにもなりますし
車椅子に乗っている人にとってはそのモノの移動はたとえ軽いモノであってもとても大変なことなんです。
また、何かの拍子で床に置いたモノで車椅子の方が転倒してはとても危険です。

なにか大きな事故でいきなり車椅子生活になってしまう方もいますが、高齢者の場合はまず杖をたよりに生活をしていることもあります。
介護保険も適用できるので家の中のあちこちに手すりを設置する場合も多いのですが、それが車椅子生活になった途端に邪魔で不便な場合もあるのです。
ですから手すりなどは連らるで移動や撤去が簡単な、ものするのもお勧めです。

意外と車椅子の方にとって大変なのがお洋服選びです。
特に女性なら毎日同じ服ばかり着ていては心も萎えてきてしまいます。
そこでおすすめは
お洋服は自走式・介助式に関わらず高さを低くしたパイプハンガーに吊るしておくことをおすすめします。
それなら車椅子の方でも自分で簡単に洋服を取り出したり、なおしたりできます。
車椅子の方にとって
自分のことは自分でしたい
それが本音です。、
いちいち家族を呼んで頼むのはあまり気がすすまないものなんです。
遺品整理 いつから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です