週末に「寝だめ」しても睡眠不足解消にはならない

睡眠不足が続いている人に多いのが、
「週末の休みにしっかり寝だめすれば大丈夫」
と考えることかもしれません。
しかし、週末に寝だめしても、睡眠不足が与える身体や精神への影響は解消されないのです。

昼夜の長さが人の気分や感情に与える影響を調べる実験がありました。
被験者は
10時間明るい場所で普通の生活を過ごし
12時間gは暗い部屋でベッドに横になる
という実験です。
被験者たちの平均睡眠時間はもともと7時間36分というのが平均でした。
実験開始当初は被験者たちはぐっすりと12時間眠ることができました。
しかし、どの被験者たちも日を追うごとにその睡眠時間は短くなっていったのです。
約3週間も経つと平均の睡眠時間は8時間15分というところに落ち着くようになっていったのです。
つまいこの「8時間15分」というのが被験者たちにとって必要な睡眠時間ともいえるのです。
ということは被験者たちは実験間の平均睡眠時間の「7時間36分」では必要な睡眠時間の40分が足りなかったことにもなります。

しかもそれを解消するために必要な時間は約3種間もかかったということになるのです。

人間に必要な嗣明時間は個人差があります。
いわゆるショートスリーパーともいわれる短時間の睡眠で十分な方もいるのも事実です。
しかし、それはほんの一握りの人たちでしょう。
その人に必要な睡眠時間を確保できないということは、徐々にではありあmすがその人の身体と精神を蝕んでいきます。
最初は睡眠時間を削ることで得られたメリットは徐々に小さくなっていくのです。
さらにはそれふぁ大きなデメリットして返ってくるのです。
睡眠時間の不足により、日中にボーッツとしてしまっていては仕事も勉強もはかどりません。
またその人の本来の必要な睡眠時間を知ることはとても重要です。
自分に必要な睡眠時間を把握しておけば、その不足分をどう埋めていくか?
その対策も考えられます。
でもそれは意外と簡単ではないのです。
NELLマットレス 店舗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です