離婚する夫婦に共通する距離の取り方

離婚する夫婦には共通の距離感というものあるように感じます。
てんそれはいつもいちゃいちゃと仲の良い府府が良いのではなく、つかずはなれずの絶妙の距離感の夫婦の方が離婚が少ない気がします。
典型的な例が「成田離婚」かもしれません。
あれほど好き者同士がたった1週間やそこらの新婚旅行ですもう辟易としてしまって「息離婚」ということになるのです。

夫婦というものは「密接不離」よりも「不即不離」がいいのではないでしょうか。

あまりにもべったりツくっつきすぎていると、お互いの持つトゲみたいなものが互いに相手を傷つけてしまうのです。
最終的には同じお墓に入るまで添い遂げるのが夫婦の理想です。
そのためには圧程度の距離感が大切なのです。

親密ではないけれど、仲が良い
そんな夫婦が良いのです。

新婚時期からいきなり夫婦の距離感をとるといおうのも変ですが、新婚時代だからこそこの距離う感は早めに会得したほうが良いのです。
新婚時代は、夫婦のコミュニケーションスキルの有無を試される重要な時期です。
このい最初のトライアル期間をうまくクリアーできないとずっとギスギスした夫婦関係になり、いつか爆発して暇います。
先の成田離婚でも同じですが、
初めて朝から晩まで同じ空間に夫婦がいればいやでも相手の欠点が目に付きます。
これを許容できるかどうか?
例えば極端ですが、あれほど好きだった奥さんが寝ながら大きなオナラをしたら同意します?
奥さんの入った後のトイレのニオイ
許容できますか?

結婚とは全く別の生い立ちで生きてきて、価値観のまったく異なる二人が同じ屋根の下で暮らしていくことなんです。
互いの価値観や生き方が互いに認められない夫婦は離婚してしまいます。
この衝突を避けるのが適度な距離感なんです。

最初にこの距離感をうまくとれていない夫婦ほど離婚する確率が高いと感じませんか?
長く最後まで添い遂げたいといおもっているのなら、この夫婦の適度な距離感というのにも関心をもってください。
離婚ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です