Author Archives: Lamote

婚活は今すぐはじめられる!

結婚をしたい、恋人を作りたいと思っても時間がない等理由にできないことがありますね。
また、失敗が怖くてなかなか行動できない人も多いです。
しかし自分がその気持ちにさえなると、いつでも行うことができます。
ここでは、その内容についてお話します。

・婚活に年齢制限はない
婚活をしようと思うときに、今からだと遅いと思ってしまうこともあるでしょう。
そのとき、もったいないことをしているのです。
それはなんといっても、婚活に年齢制限はないからです。
いくつになっても恋をすることができます。
そのことから、年だからと諦めることは全くありません。
気軽に婚活を始めてみましょう。

・積極的に動く
まず大切なことは、やっぱり自分がその気持ちになっている事ですね。
自分から、本格的に婚活をしたいと思う気持ちがあると、そのオーラにより引き寄せられることがあります。
友人にも、婚活をしていることをしっかり伝えておきましょう。
そのようにすることにより、紹介をしてもらうことができます。
伝えないと、そのように理解してもらえません。
自分の気持ちを伝えて、積極的に行動しましょう。

・パーティに行く
婚活パーティは、いろいろな種類があるので自分にあったパーティに参加をしましょう。
それは趣味が一緒だと話を合わせることができたり、相手の人の年齢が同じぐらいだと話す内容も楽しくなります。
パーティは、たくさん開催されているのでその情報をしっかり掴みましょう。

・アプリを利用する
婚活を気軽に利用できるアプリは、とても人気があります。
手軽にできる婚活方法として、参加をしている人も多いので自分にあった人を見つけやすいのです。
そのとき、複数のアプリを使う人もいるほどです。
男性と知り合うためには、小さい範囲ではなく広い範囲で見つけることが一番です。
狭い範囲で見つけていると、自分の好みの男性を見つけることができないし、自分をタイプと思ってくれる男性も少なくなります。
全国から選ぶことにより、とてもマッチングしやすくなります。

婚活はいつからでも始めることが出来るし、やめることもできます。

恋をしたい、結婚をしたいと思っている人の場合は、年齢などに関係なく自分からどんどん動くことによりそれを叶えることができるのです。
失敗もあります。
まずは行動してみましょう。
出会い 見つけ方

オタクでも出会いを増やすために

出会いを増やすためにまず意識したことは、自分が女性であるということを意識して楽しむことからでした。
日々の仕事や生活に追われ、気づいたらメイクはとりあえず状態。
服装は地味な色合いの楽なものばかり。
オタクなので休みは家でゴロゴロしてることも多かったです。
ある日、鏡に映った姿を見た時そこにいるのは女性なのかよくわからない自分の姿…とてもショックをうけました。

これではいけないと思いまず行動に移したことは洋服の整理からでした。
体型が隠れるサイズ感のない洋服は思い切って処分し、ある程度フィットしたものに替えました。
楽だからとジーンズとスニーカーだった定番をスカートとハイヒールにしました。

そしてそれを身に着けて外出したのです。
街を歩いていてたまたまショーウインドーに映った自分を見つけた時、それまでの自分はそこにはいませんでした。
スタイルが良いわけでもなかったのに体の線がわかるのでスッキリして見えます。
ハイヒールを履いているせいか背筋が伸びて見えます。
何よりスカートが軽やかで気持ちが明るくなりました。

ファッションが楽しくなると今度はヘアスタイルもメイクもと、どんどん楽しくなっていきました。
気づいたら鏡の中に映るのは楽しそうに笑っているちゃんと女性の姿をした自分でした。
そうなると人に会うのも楽しくなってきます。
特に男性とお話ししていると、今まではされてこなかった女性としての扱いをちゃんとしてくれます。
女性として扱われる事でますます自分が女性であることを意識してきます。
ファッションやメイク、姿勢さえも以前とは別人のようです。
女性ってこんなに楽しいんだと日々更新中です。

外見に自信がついたから、突然の出会いにも臆する事なく話すことが出来、またいろいろな方との会話を重ねる事によって興味の対象や知識も増えました。
知識が増えると話を聞く事も楽しくなり、会話も弾みます。
相手に聞き取りやすいように話すテンポや声のトーンも意識するようにもなりました。
今では男性からも女性からもとても若々しく女性らしいと言われます。

そうなると一層女性で生まれたことが誇らしく楽しくなります。
最初はファッションを女性らしいテイストにしただけなのに、気づけば意識がガラッと変わりたくさんの男性と知り合うことが出来ました。
いまは恋人もできて、女性として日々楽しんで暮らしています。
オタクとか趣味とか関係はないと思いました。
私が出会いを増やす事が出来たのは、女性としての自分をなにより自分が楽しむ、これが一番だったと思います。

オタク 恋愛